2008年12月30日

時計じかけのオレンジ

B00006585I時計じかけのオレンジ [DVD]
スタンリー・キューブリック アンソニー・バージェス
ワーナー・ホーム・ビデオ 2003-12-06

by G-Tools

今日観たのは「時計じかけのオレンジ」。
もう12月も終わるというのに、ひかりTVで1本も観ていなかったので、急遽観ることにしました。

かなり古い映画なんですが、たぶん近未来のことを描いているのだと思います。
不良グループのリーダーであるアレックスは、極悪非道で残忍な性格を持ち、暴力に明け暮れる毎日です。やがて仲間にはめられて、警察に逮捕されてしまい、刑務所に収監されます。
自由の身になるために、悪人を善人に変えるという治療実験を志願しますが、想像以上に内容は過酷で、暴力を嫌悪するようになってしまいます。実験用のBGMとして、意図的ではなく使われてしまったために、元々大好きなベートーベンの第九にも嫌悪感を覚えるようになります。晴れて自由の身になった彼を待っていたのは、元の仲間や犠牲者からの報復でした。

昔から評判が高い映画でしたが、今日まで観たことがありませんでした。
勝手に想像していたような難解なストーリーではなく、非常に面白くて、奇妙な映画でした。ただ、誰にでも勧められるものじゃないですね。
30年ほど前の公開当時は、きっとこれが近未来の世界だと思われてたんでしょうが、今ではかなりリアルに感じられるのが怖いですね。

評価:★★★★★★☆☆☆☆
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111921880
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。