2009年06月27日

バートン・フィンク

B0019K0X2Aバートン・フィンク (ユニバーサル・セレクション2008年第8弾) 【初回生産限定】 [DVD]
ジョン・タートゥーロ, ジョン・グッドマン, ジュディ・デイヴィス, マイケル・ラーナー, ジョエル・コーエン
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2008-08-07

by G-Tools

今日観たのは「バートン・フィンク」。
「ノー・カントリー」のコーエン兄弟によるサスペンスです。
WOWOWのハイビジョン録画で観ました。

1941年、ニューヨークの劇作家バートン・フィンクは、その腕を買われて、ハリウッドのキャピトル映画に脚本家として招かれます。
不気味なホテルに宿泊し、B級レスリング映画の脚本を書き始めますが、隣の部屋の笑い声が気になって、フロントに電話をします。すると、すぐに隣に泊まっている保険セールスマンのチャーリーが文句を言いにやって来ます。話をすると、何故か気が合い、二人はすぐに打ち解けます。

いやぁ、冒頭から難解な状況が続いて、少し眠気を誘いましたが、途中からの展開が凄まじかったです。結局、いろいろと謎のままで終わってしまいました。
夢なのか現実なのかよくわからず、初めての土地で、唯一気が合ったのが殺人鬼だった…なんて、世の中は自分も含めて異常なことばかりで、まともなヤツなんて誰もいない…ということでしょうかねぇ。
面白かったです。

評価:★★★★★★☆☆☆☆
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。