2010年12月29日

イングロリアス・バスターズ

B00307RL9Iイングロリアス・バスターズ [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル 2010-05-12

by G-Tools

今日観たのは「イングロリアス・バスターズ」。
クエンティン・タランティーノ監督の、バイオレンス・アクション映画です。

ナチス占領下のフランスで、アメリカの特殊部隊「イングロリアス・バスターズ」が、ナチスの軍人を片っ端から惨殺し、まさに都市伝説と化しています。
同じ頃、ユダヤ人狩りで家族を殺されながらも間一髪生き延びた少女ショーシャナは、シアターの支配人としてナチスへの復讐を企んでいます。
その2つの計画が見事に一体化し、ヒトラー総統を含むナチス幹部が集結した映画の試写会でのテロ計画が進んでいきます。

いやぁ、たまらなく面白かったです。
そりゃ、タランティーノ映画ですから、えげつないシーンはたくさんありますが、ホントに面白かったです。
全編を通して登場するSS親衛隊のハンスが、各国の言葉を駆使し、恐るべき洞察力で相手を震え上がらせるのが、スゴ過ぎます。
途中までは「実話かな?」とも思ってたんですが、やっぱりウソでしたね。

評価:★★★★★★★★★☆
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。