2006年11月18日

サウンド・オブ・サンダー

B000FOTK6Gサウンド・オブ・サンダー デラックス版
レイ・ブラッドベリ ピーター・ハイアムズ エドワード・バーンズ
ジェネオン エンタテインメント 2006-07-21

by G-Tools

もう一本観たのが「サウンド・オブ・サンダー」。
タイムトラベルものです。

映画の舞台は2055年のシカゴ。トラヴィス博士は金儲けの権化ハットンが主催する「タイム・サファリ」のツアー客を引率しています。毎回同じ時間にワープして、そこで死ぬ運命の恐竜を「狩り」と称して殺します。
ところが、ある日のツアー客が何かをほんの少し変えてしまったために、地球の進化を混乱させてしまい、それによって起こる「タイムウェイブ」の度に、地球は予想もしない方向へと進化していきます。

こういったタイムトラベルものは大好きで、話自体はとても面白いのですが、もう初っぱなの恐竜登場のシーンから、CGの完成度の低さに唖然としてしまいました。いくら低予算でも、今時こんなに安っぽいCGはゲーム画面でも観たことがありません。未来都市の風景に至っては、目が腐りそうです(^_^;)。
そんなテレビ映画のようなB級映画ですが、とにかく話は面白かったです。飽きずに観ることができました。予算がたっぷりあったら、もう少し見栄えは良かったかもしれません。

評価:★★★★★★★☆☆☆
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27749155
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『サウンド・オブ・サンダー』
Excerpt: 【内容】2055年、シカゴの旅行代理店タイム・サファリ社が6500万年前にタイムトラベルし恐竜狩りをするツアーを発売した。ある時、添乗員のトラヴィス(エドワード・バーンズ)はタイム・ウェイブが押し寄せ..
Weblog: もんもん日記
Tracked: 2006-12-12 17:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。